Maggie & Co.'s Handmade

日常のこと、ハンドメイドのこと…きろくします。

苺のコンフィチュール

2661.jpg

ジャムをパンに塗って食べたりはしないけど、

ヨーグルトにかけて食べるのは好き。

20代の頃、よく深夜バスで長野にスキー(ツアー)に行っていました。

ある可愛いペンションがお気に入りで、3回ぐらい同じところに泊まったんだけど、

夜遅くに、ダイニングで作っているジャムの香りがとっても好きで

行く度にリンゴ・ブルーベリー・苺ジャムをお土産に買ってきました。

特にブルーベリージャムが美味しくて、今でもそのペンションのジャムが恋しくなります。

いくらでもヨーグルトが食べれちゃうの。

スキーの荷物はただでさえも重いのに、帰りはジャムの瓶も増えるので、

バスを降りてから駅までの徒歩がすっごく辛かった思い出があります。

前置きが長くなりましたが、数年前から一度は作ってみたかったホームメイドジャムを

今回やっと作ることが出来ました。

2655.jpg

小粒の苺を買ってきてもらい…

って、一つ食べられない苺がのっていますがわかりますか?

わかるよね^^; ギンギン出てるし。

2656.jpg

ヘタを取ります。

正解は苺のヘタ取りツールでした。

これ、13年前にアメリカで買ったモノ。

でも、使うの2回目ぐらい。きれいにヘタを取ることが出来ました。

2657.jpg

洗って、水切りをして

2658.jpg

90gのお砂糖に1時間漬けました。

あ、苺は今回300gにしました。

お試しなので少量で。

2659.jpg

鍋でぐつぐつ灰汁を取りながら煮ます。

すぐに食べきれる量なのでレモンは要らなかったけど、

今回は一応大さじ1杯のレモン汁も入れました。

2660.jpg

なんとなく外国の香りがします。

ペンションのジャムの匂いではなかったなぁ。

2662.jpg

冷めたら瓶に入れて出来上がり。

やっぱり300gは少なかった(>_<)

ミスドのメイソンジャーに入れたらちょろりんしかなかった‼

2663.jpg

もちろん、ヨーグルトにかけていただきましたよ。

果肉は潰さなかったので丸ごと。

潰しながら食べたけど、美味しかった~。

初めてにしては上出来です^^

コレでいちごドリンクも作りたいけど、あと少ししか残ってないんだなぁ。

姫も美味しいと言ってくれたので、また作ろっと☆彡

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment