Maggie & Co.'s Handmade

日常のこと、ハンドメイドのこと…きろくします。

シリコンで型作り

509.jpg


今までのレジン作品は、無印のビー玉シリコンで作っていました。

これはこれで失敗さえしなければ、すごく可愛く出来てお気に入りなんだけど、

もう一回り小さな(8~10㎜)ビー玉の型で作りたくて、

ず~っとず~っと市販のシリコンを探していたんだよね。

でも見つからなかった…。

わたしが探しきれていないのかもだけど。

無いのならば自分で型を作っちゃおうかと、ネットでいろいろ検索しました。

う~ん、未知の世界すぎて、わたしには無理~。

諦めてからどれぐらい経ったでしょうかね。

でも、レジン作品を作っていると、やっぱり小さなビー玉型が欲しくなる。

そして先週、再び情報を集めました。

予備知識OK‼

シリコン剤のメーカーも決まって、ポチッとカートに入れましたが、

みんなの評価を読んだら怖くなっちゃって、急遽別のメーカーを探しました。

上のフォト↑が型を作る材料あれこれです。

1つのショッピングサイトだけでは揃えれなかったので、Amazonと楽天から購入しました。

ヤマト・佐川・郵便局からバラバラに届いたよ^^;

シリコンと剥離剤、型取りブロック以外は100均で揃えました。

510.jpg

まず、ブロックで形を作って、マステで補強します。

油粘土を敷き詰めた後、剥離剤を塗ったビー玉を粘土にセッティング。

511.jpg

こっちはキューブ型。

512.jpg

シリコンに硬化剤を入れて、まぜまぜしたのを先程の型に流し込みます。

お豆腐みたいでしょ。

このまま放置すること数時間。

513.jpg

固まったらブロックを取って、型の出来上がり~。

でもね、最初に作ったビー玉型は実は大失敗しちゃったの。

剥離剤が少なかったらしく(っていうか乾いちゃったのかな)、

シリコンからビー玉が取り出せなくてボロボロ。

上のフォトは2個め。

最初よりは成功したけど、まだまだ気に入らなかったので、3個目も作りました。

フォトはまだないけど、なかなかキレイに出来たよ。

油粘土は100均じゃないほうがいいかも。
(後処理が大変だった!)

これらの型を使って、はたしてレジン作品がちゃんとキレイに出来るかどうかが

勝負だね…^^;
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment